九十九島遊覧船 

お薦めします!!

 実のところ、九十九島を展望台からながめるのは天候とか時間の条件に恵まれないと「なーんだこんなものか」で終わってしまう可能性があります。作家の司馬遼太郎が訪れた時も先を急いでいたせいか「ひどく絵葉書じみた風景を見せられた」となんだか不機嫌な感想しか残していません。(「絵葉書じみた風景」というのはある意味では誉め言葉かもしれませんが・・・)。

 その点、遊覧船・海王で九十九島の間をまわる50分間はあまり当たりはずれがありません。好天にこしたことはないのですが曇天や雨でもそれなりに楽しめます。

 

 

 5月7日、連休中の特別企画サンセットクルーズ。普段は夕方は運航していません。

 

 8月26日の撮影。ヨットも観光客用でパールシーリゾートから乗船できます。

 

 遠足の子供たちが乗り込んできました。7月4日撮影。

 狭い瀬戸を警笛を鳴らしながら通過していきます。運航のハイライト。

 

 

 遊覧船は通常は11時、13時、15時に西海パールシーリゾートを出航。50分間の航海です。土日や夏休み春休み等は臨時便も運航されます。2002年夏には新・遊覧船パールクイーンが就航しました。

 

戻る