石岳展望台

冬がベスト 夏にもチャンス

標高が高いので海面がよく見える

駐車場に余裕あり

 

 亜熱帯動植物園の横の道を車で登るとすぐに20台ほど停められる駐車場につきます。ただし撮影シーズンの12月の週末は満車のことも・・・。

 

 この駐車場から200メートルばかり歩くと突端の展望所に出ます。標高は約180m。この展望所は崖っぷちにあり展望がききますので一番人気があるのですが、狭くて6〜7人くらい三脚を立てるともう余裕がありません。柵を乗り越えていく方もおられますが・・・・アブナイです。

 

 ここから方向を変えさらに50メートル程歩くと頂上の展望台です。標高は約200m。この展望台は北西方向の茂みが邪魔になり海面が見えませんので写真を撮る人には人気がありませんが、360度の風景を楽しめますので展望目的であればこちらが良いと思います。

 

 船越展望台と同じく12月がベスト。11月〜1月がシーズン。ただし突端の展望所からは北西方向の展望もきくので、夏の日没もチャンスがあります。

 

 この展望台は高さがあるので中望遠レンズで海面の波紋を狙うのに適しています。沈む太陽と島影とは離れているので、太陽そのものを島と一緒に撮影するのには向きません。

 

 

1月17日撮影。太陽が低く夕焼け色に海面が染まる。

 

10月24日撮影。太陽が高く海面は白い反射光で輝く。

 

9月21日撮影。日没後の北西方向の残照

 

11月4日撮影。日没の位置はまだ少し北寄りだが撮影者多し。

 

 夕景撮影は日没後30分くらい粘ることがあるのですが、この展望台への道は林の中で外灯もなくすぐ真っ暗になりますのでライトを用意しておくと安心です。

 

戻る