カノープス

 カノープスはりゅうこつ座の−0.7等星で、全恒星中2番目に明るい。日本では冬の南の地平線ぎりぎりに短時間しか姿を現さず、見るのが難しい。中国では寿老人の南極老人星と呼ばれており、これを見ると寿命が延びるといわれている。

 天体写真の1ジャンルである星景写真(星の軌跡を風景とともに写し込む)では人気のある星で、冬場の天文専門誌の読者の写真コーナーにはよく掲載されている。パソコン周辺機器のメーカー名にもなった。

 ただ単に晴れるだけではなく地平線まですっきりと透明度が良くなくてはならないので、この星が見えるのは一冬に多くて10日ぐらい。運に恵まれないと写真撮影できない。

 

 

冬の大三角

 おおいぬ座のシリウス、オリオン座のペテルギウス、こいぬ座のプロキオン、3個の1等星を結んで出来る逆正三角形。町中からでもよく見える。